2007年08月11日

人材派遣、週報【8/6-8/10】

スタッフ数が250名超えてるじゃん!もっと小さくやろうよ、面倒だから・・・。夜は3年位前に人材派遣会社大手に転職したK氏と会って情報交換。

業務受託という意味においてはそちらも弱いのね。てゆーか、オマエの会社ナニ?今頃ボーナスかよっ・・・ 遅くねぇ???どこかの会社スタッフ○ービスかなぁ・・・ なんか大きい人材派遣の社長さんがいってた気がする。

『3ヶ月契約とかにすると、知らない間に何年も勤められるんだよ。

人材派遣とは
人材派遣(じんざいはけん)とは、主として労働者派遣を意味する用語で、これを行う業のことを人材派遣業という。
多くの場合労働者派遣を意味する「人材派遣」であるが、この用語は、大手の労働者派遣事業者が用いている。


人材派遣会社の作り方・儲け方〔最新版〕人材派遣会社の作り方・儲け方〔最新版〕
著者:三浦和夫出版社:ぱる出版サイズ:単行本ページ数:255p発行年月:2007年08月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)派遣で起業するためのゼロからわかる基礎知識。派遣の歴史・成り立ちから、派遣の先進国米国の事情、不況を追い風に急成長した経緯と現状、労働市場における位置付け、規制緩和の流れ、改正派遣法の条文解説、現状と今後の動向、人材派遣の仕事のしくみ・実務のくわしい内容まで、素早く派遣ビジネスの全体像がわかる。立ち上げに必要な許可申請、届出の内容もすぐわかる。【目次】(「BOOK」データベースより)1 派遣法の大幅改正でビッグチャンス到来!(年々膨張する人材派遣事業の市場規模/必要な時に、必要な人を、必要な期間だけ派遣するビジネスの誕生 ほか)/2 人材派遣ビジネスのしくみと成功ポイント(人材派遣の仕事のしくみ/実務ですぐ役立つ労働者派遣法の知識 ほか)/3 人材派遣会社の立ち上げ方許可申請と資金・設立ノウハウ一切(企業も労働者も“派遣会社”を利用したがっている今がチャンス/人材派遣会社の設立に必要な許可申請の手続き ほか)/4 面白いほどよくわかる成功のコツ経営のしくみと運営法(人材派遣会社は販売・仕入れ・業務の3部門で成り立つ/販売部門の仕事のしくみ営業担当者 ほか)/5 実践ですぐに役立つクレーム対策(成功の決め手は派遣先&スタッフからのクレーム対応にある/派遣先企業からのよくあるクレーム対応法 ほか)【著者情報】(「BOOK」データベースより)三浦和夫(ミウラカズオ)昭和22年9月7日生まれ。岩手県盛岡市出身。早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了後、毎日新聞社に入社、社会部記者となる。新聞社を退社後の昭和61年3月、株式会社オピニオンを設立。同年7月、労働者派遣法の施行に合わせて、人材派遣の専門誌「月刊人材ビジネス」を創刊する。また、早稲田大学ヒューマンリソース研究所客員研究員も務める。人材派遣業を知る有識者の1人。月刊誌の執筆の傍ら、新聞、ビジネス誌などにも寄稿、全国各地で人材派遣に関する講演を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 流通




posted by 人材派遣 at 01:46| 人材派遣の求人情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。